*

赤いくつ

この曲の全容を初めて知りました。
幼少の頃からこの詞・メロディーともに不気味というか、怖いイメージを抱いてきましたが、
大人になっても変わらないですね。

作詞 野口雨情
作曲 本居長世

1.
赤い靴はいてた
女の子
異人さんに
つれられて
行っちゃった

2.
横浜の埠場から
船に乗って
異人さんに
つれられて
行っちゃった

3.
今では青い目に
なっちゃって
異人さんの
お国に
いるんだろう

4.
赤い靴見るたび
考える
異人さんに
逢うたび
考える

スポンサード リンク2

2012/08/19 | 日本の歌

スポンサード リンク2

関連記事

no image

千の風になって

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

故郷

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

汽車ポッポ 岩河智子編作

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

砂山 岩河智子編作

4月もあっという間に駆け抜けようとしています。 息子の幼稚園生活...

記事を読む

no image

組歌「四季」より 花

長男が、火曜日に後頭部を打って出血。幼稚園から電話がありました。 ...

記事を読む

新着記事

no image

千の風になって

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

故郷

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

汽車ポッポ 岩河智子編作

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

砂山 岩河智子編作

4月もあっという間に駆け抜けようとしています。 息子の幼稚園生活...

記事を読む

no image

組歌「四季」より 花

長男が、火曜日に後頭部を打って出血。幼稚園から電話がありました。 ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

スポンサード リンク2

no image
千の風になって

<iframe width="480" height="270"...

no image
故郷

<iframe width="480" height="270"...

no image
汽車ポッポ 岩河智子編作

<iframe width="480" height="270"...

no image
砂山 岩河智子編作

4月もあっという間に駆け抜けようとしています。 息子の幼稚園生活...

no image
組歌「四季」より 花

長男が、火曜日に後頭部を打って出血。幼稚園から電話がありました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑