*

故郷

<iframe width=”480″ height=”270″ src=”https://www.youtube.com/embed/Z-abN0qGeSk” frameborder=”0″ allow=”autoplay; encrypted-media” allowfullscreen></iframe>

今週も色々な事がありました。

長男は幼稚園でお弁当が始まり、毎日「全部食べたよ。美味しかったよ。」と言ってくれます。でも、「ぶどうが入ってなかったじゃない」と、冷蔵庫の中を知っている息子は、果物の種類全部を入れて欲しいようです。

また、遠足で昭和記念公園に行きました。

毎日歩いて登園する息子にとっては、遠足で歩く距離はたいしたことなかったようで、行きも帰りも先頭で、走ってたりもしました。

楽しかったのか今日もまた昭和記念公園へ。元気に遊ぶのでした。

次男は、何かを持ちながら、ニコニコ数歩歩くようになり、ある日は、おもちゃの乗り物を押して台所から脱出。階段付近に置き、そこから数歩歩き階段へ。そして一気に階段を上り2階へ。満足そうでした。

 

今日は母の日。

主人が用意してくれたプレゼントに、息子たちが一緒に買ってきてくれたカーネーション。「お母さん、ありがとう。」と渡してくれ、感動でした。と同時に、いつまでこうしてくれるのかなと、いつも思ってしまうのですが、今のしあわせを存分に味わいます。

 

今週は「故郷」です。

私の故郷は新潟です。結婚して、更に子どもが産まれたら、学生の頃の様に頻繁に帰る、または長期間滞在できなくなりました。(私の場合、頻繁かつ長期滞在すぎかもしれませんが)でも、いつも心にふるさとはあり、また、この歌詞の様に、雨につけ、風につけ、両親を案じます。

私も日に日に歳を重ね、当たり前に両親も歳を重ねています。

心身共に健やかに過ごして欲しいと、いつも願っています。

 

故郷

高野辰之作詞 岡野貞一作曲

兎追いしかの山

小鮒釣りしかの川

夢は今もめぐりて

忘れがたき故郷

 

如何にいます父母

恙なしや友がき

雨に風につけても

思いいずる故郷

 

こころざしをはたして

いつの日にか帰らん

山はあおき故郷

水は清き故郷

スポンサード リンク2

スポンサード リンク2

関連記事

no image

千の風になって

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

汽車ポッポ 岩河智子編作

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

砂山 岩河智子編作

4月もあっという間に駆け抜けようとしています。 息子の幼稚園生活...

記事を読む

no image

組歌「四季」より 花

長男が、火曜日に後頭部を打って出血。幼稚園から電話がありました。 ...

記事を読む

新着記事

no image

千の風になって

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

汽車ポッポ 岩河智子編作

<iframe width="480" height="270"...

記事を読む

no image

砂山 岩河智子編作

4月もあっという間に駆け抜けようとしています。 息子の幼稚園生活...

記事を読む

no image

組歌「四季」より 花

長男が、火曜日に後頭部を打って出血。幼稚園から電話がありました。 ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

スポンサード リンク2

no image
千の風になって

<iframe width="480" height="270"...

no image
故郷

<iframe width="480" height="270"...

no image
汽車ポッポ 岩河智子編作

<iframe width="480" height="270"...

no image
砂山 岩河智子編作

4月もあっという間に駆け抜けようとしています。 息子の幼稚園生活...

no image
組歌「四季」より 花

長男が、火曜日に後頭部を打って出血。幼稚園から電話がありました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑